ニュースリリース

瀬古代表の著書『社員が好きなように働く会社』が発刊されました。

2019-02-26 | グループ全体

瀬古代表の著書『社員が好きなように働く会社』が発刊されました。

2019年2月20日に瀬古社長の著書『社員が好きなように働く会社』が幻冬舎より発刊されました。

20年間、電気設備を中心に建設業に携わり、培ってきた経験や経営に対する考え方を書籍に纏めております。

 

 

現在、Amazonで絶賛販売中!
【 Amazon:1,404円(税込) 】

 

 

           

【 概要 】
「終身雇用」「年功序列」など、いわゆる「日本型経営システム」は、
かつての日本の大量生産大量消費という経済モデルにうまくマッチし、
日本企業の強さが世界的に注目されていました。

しかし、1990年代のバブル景気崩壊をきっかけに大手企業でも大規模な社員の
削減が行われ、また仕事の成果で給与や役職を決める成果主義が広まりました。

その頃から「日本型経営システム」は崩れ出し、また同時にどのような
経営システムがよいのか、日本企業の迷走が始まったのです。

「ワークライフバランス」「働き方改革」への取り組みが求められる近年、
20年前からいち早くそれらを実践していたのが株式会社鈴鹿です。

社員200名、経常利益10億までに企業を成長させた組織づくりの方法とは。
社員一人ひとりの価値観を大切にし、個々が100%以上の力を発揮するための
具体的な取り組みを解説しています。

PAGE TOP ページトップ